ガラス屋で窓交換する前に自分で出来る防寒対策をしてみよう!

様々な機能を持つガラスがある!エコなガラスで節約!

防寒対策の前に部屋が寒い原因は一体何

部屋が寒い原因について調べよう

窓を閉めて暖房を入れているのに、部屋が寒いのはどうしてですか?
暖房を入れているのに部屋が寒いのは、部屋の中に熱がうまく溜められていないからかもしれません。暖房をつけて暖かい空気が出ていても、部屋の空気が通る隙間から逃げているのかもしれません。または外の冷たい空気が窓に伝わり、部屋の中まで入り込んでいることが考えられます。このような原因で部屋が寒いなら、ガラス屋に依頼して窓を交換すると電気代の節約ができます。まずは寒さの原因を確認してから防寒対策を取りましょう。

ガラス屋に窓ガラス交換をしてもらう前に自分でできる防寒対策

窓ガラスを交換する他にも、自分で出来る防寒対策があります。部屋の寒さの原因によっては自分で出来る対策で部屋を暖めることが出来るかもしれません。自分で出来る防寒対策を紹介するので、実践出来そうなら試してみましょう。

お金をかけずに防寒対策

断熱シートを張る
窓に貼る断熱シートは、ホームセンターで購入できます。価格は2000円~3000円ほどで手に入ります。作業は5分~10分ほどで貼ることが出来るので簡単です。このシートを張ることで窓から伝わってくる冷たい空気を防げます。
ボードを立ててみる
足元が特に寒く感じる人は、冷気を防ぐボードを窓際に置くと良いでしょう。このボードは窓の大きさに合わせて切り、窓際に立てるだけなので簡単に防寒対策が出来ます。足元の冷えが遮られれば身体が温まりやすくなります。
生地が厚いカーテンを取り付ける
厚めのカーテンを取り付けると冷気が部屋の中に伝わるのを防ぐ効果があります。しかし、通常のカーテンは床に付かないくらいの長さに合わせられていますが、冷気は下から入るので、防寒対策として取り入れるときは床につくくらいの長さにする方が良いです。
TOPボタン